たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  立川市 立川市


2020年03月28日

せやろがいおじさんファンです♥

政治問題や社会問題をyoutubeで笑いを通して伝える「せやろがいおじさん」
せやろがいおじさんの動画はとても面白く、またいいポイントをついていて、私は大ファンです。

一緒に働くネイティブ講師たちにも内容を英訳にして、勧めたくらいですface01
残念ながら、せやろがいおじさん独特の話し方が伝わらないので、日本語の動画ほどの楽しさは分かってもらえませんでしたが、内容には興味を持っていました。
せやろがいおじさんのおかげで、政治に無関心だった若い方も、政治に興味を持った人は多くいるんだろうと思います。
森友問題、新型コロナについて、桜を見る会など、様々なテーマについて話をされていますが、ネイティブ講師にはオリンピックが関心が高いと思い、「暑さ対策」を英訳しました。

オリンピックは延期が決定しました、もし来年夏に行うとなれば、やはり「暑さ対策」は必須です。
せやろがいおじさんの動画とぜひご一緒にご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=vUQIGW7YKEw&t=12s

“Hilarious heatstroke prevention measures for the Tokyo Olympics” 東京五輪「面白すぎ熱中症対策」

Oi, listen!
Are we ready for the anti-heat measures for the Tokyo Olympics?
Now it’s less than 1 year
until the Tokyo Olympics.
While the dress rehearsals were held,
there are athletes who have become sick
due to summer heat.
People in and outside Japan are concerned about heatstroke.
In fact, I checked what conditions are necessary for heatstroke to occur.
According to the WBGT (Wet Bulb Globe Temperature) which is used to estimate heat stress, intense exercising must be stopped at temperatures above 31℃ and humidity above 71%. These are red alert levels and heatstroke could happen while doing any daily life activities.
The average temperature and humidity were 32.8 ℃ and 80% in Tokyo in August 2019.
That’s way above the red alert level.
There will be 11 thousand athletes, 100 thousand volunteers and 10 million visitors.
It’s crazy if you think people won’t get heatstroke.
If people get heatstroke and pass(gori) away(nju) at the Olympics(gorin), it’s not funny at all!
So, the anti-heat measures are a must.

Then, Mr. Yoshiro Mori, the head of the Tokyo Olympics said that it’s an opportunity for Japan to send our innovations out to the world.
He got enthusiastic about proposing new anti-heat measures and showing off Japan’s high technology.
I was really excited to see what kinds of measures he would take;
One of them was “We will line the streets with morning glory flowers.”
Is he kidding? “The temperature wouldn’t change, but visually it would be cooler.”
No, we don’t need morning-glory flowers! No way! Not visually, it has to be physical!
While the committee is having a meeting, their air conditioners will be taken and be told, “Here, morning glory, isn’t it cooler?”, they would go ballistic!
The athletes are coming to compete at the highest level. They do not have time to look at the morning glory and say “Oh, dear. Pretty morning glory. I feel cool.”
They are not madams who enjoy walking.
OK. I will meet them half way, but what are they going to do in the afternoon? The morning glory would wilt.
In that case, why don’t they innovate by making a new type of flower called “morning daytime night glory”, flowering all day by using Japanese technology.

Of course, there are lots of ideas like providing snow with artificial snow making machines, or using air conditioners to make the temperature freezing cold and opening the doors...
Is it an improv comedy show(大喜利大会)?
First of all, when Japan entered the bid for the Olympics, Japan had said that Japan has a mild climate so the athletes can have their best performance, The truth is the heat is at disaster level. Why did they lie about such a thing? Like when they said that they could control nuclear power plants, but actually they couldn’t. Having said that it would be a small Olympics with a budget of 700 billion yen, now it’s an extra-large Olympics with a 3 trillion yen budget.
If there is a Men’s Bigmouth Freestyle Competition, the champion will definitely be Japan! I think someone might say, “If you say so much nonsense, give an alternative plan?” I can definitely give you a good idea.
Do it in autumn. There will be another risk that can be avoided. Typhoons!
Like how the typhoon this year paralyzed city functions, if that happens during 2020, 10 million visitors would panic. An Olympic crisis will happen. Of course, I understand the Olympics has to be in summer because of the schedule of US broadcasters that pay lots of money for the right to broadcast. But didn’t they say this “Athletes first!” If they give broadcasters the priority, then it’s really “Money first!” They shouldn’t act counter to the spirit of “Athletes first”. If Japan could change the time of the year, isn’t that a real innovation for the Olympics?

  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 12:55Comments(0)ひとり言

    2019年07月05日

    「英語」であまり通じない日本の食べ物

    昨日、東京都主催の「外国人おもてなし語学ボランティア講座」国分寺のセット講座を終えました。
    外国人観光客を手助けしたいという方々がご参加されるので、とても積極的な生徒さんが多く、また相手の立場に立って素晴らしい対応を考えられる方々ばかりで、私もたくさん学ばせて頂き、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

    この講座では日本のものを英語で説明する練習もしますが、日本のことをよく知らない外国人には通じないものが多くあります。

    英語で通じないものを3つ挙げると、
    ① ゴボウの英語は”burdock root ”
    でも、そもそもゴボウを食べない(売っていない)国が多いので、その国の人たちには"burdock root"と説明しても通じません。"It's a kind of root vegetable."(根野菜の1種です)と私は説明します。ゴボウを食べるのは、日本人とセルビア人だけと昔にテレビで言っていましたが、私の知人のカナダ人、アメリカ人、イギリス人、ニュージーランド人は知らなかったので、本当のようです。

    ② そば buckwheat noodle
    日本食をよく知っている人には"soba"と言っても、buckwheat noodleと言っても通じますが、やはり「そば」を知らない人は”buckwheat"と伝えても、"buckwheatって何?”と聞かれます。「うどん」か「そば」の話で、あるネイティブは"thick one or thin one"と話していましたface01

    ③ 魚の種類  「コハダ」「ハモ」、出世魚の種類(イナダ、ワラサ、ブリ,ハマチ等)

    先日、立川市のお寿司の老舗「寿司勝」にネイティブ講師たちと行きましたが、英語にしても「聞いたことがない」という魚がありました。その時はコハダとハモです。コハダは“spotted shad/gizzard shad/spotted sardine”と辞書にあるけれど、ネイティブ講師たちは「sardine”(イワシ)なら知っている」と…。 
    イナダ、ワラサ、ブリ、ハマチはすべて"yellowtail"となります。
    出世魚は日本特有で、英語では名前は変わりません。
    Yellowtail is one example of 'Shusse -uo, which means fish that are given different names according to their stages of growth.
    (ブリは出世魚で、成長するにしたがって違う名前になります。)





    逆に、寿司 は"sushi"、おにぎりは" onigiri"とそのままで通じます。

    日本のものを外国人に英語で説明するのは難しいですが、日本語名で言ってしまい、どんな味か、何でできている、何が入っているかを付け加えると良いと思います。
    「ちくわ」を何か分からず食べるより、"Japanese fishcake"と伝え、「魚」だと分かると安心して食べられると思います。

    おでん、お好み焼き、すき焼き、しゃぶしゃぶ… 日本の素晴らしい食文化、上手に伝えたいですね。  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 14:53Comments(0)ひとり言

    2019年07月02日

    2020東京オリンピック/エンブレム 「多様性の中における結束」

    オリンピックまであと1年となり、すっかり馴染んだ「2020年 東京オリンピック」のエンブレム
    シンプルなデザインに素晴らしい意味が込められているのをご存知ですか?




    この東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムは、形の異なる3種類の四角形が組み合わせられています。

    この形の違いは国、思想や文化などの違いを表していて、このデザインは「多様性を認め合い繋がること」を意味しています。また、四角形の枚数も角度も変えずに位置を変えるだけでオリンピックからパラリンピックのエンブレムになります。これは見え方が違ってもすべてが平等であることを意味しているのだそうです。

    【2020東京エンブレムのコンセプトムービー】 https://www.youtube.com/watch?v=OEFfrdnvWZs 


    3つの異なる四角形は、多様性を表しています。
    みんなちがうから、おもしろい。 みんなちがうけれど、つながれる。
    互いに認め合い、支え合いながら、ひとつになる時がやって来ます。
    同じ形、同じ数の四角形で作られる二つのエンブレム。 それは、すべてが平等である証。
    障がいの有無を越えて、あらゆる障壁を越えて、人と人がつながってゆきます。
    スポーツの感動は、スポーツの興奮は、世界中誰もが共有できる。
    世界中みんなをひとつにする。 新しい未来は、きっと、ここから生まれます。


    このコンセプト、英語で伝えるための英語のサンプル文です↓
     
    The emblems are designed using three shapes of quadrangles (四角形). These three shapes represent different countries, cultures and ways of thinking.
    The message of the design is “Unity in diversity”; everyone is different, and that makes life fun. Everyone is different, that is why we can unite. There will be a time when we accept each other,
    support each other and be as one.
    The Paralympic emblem has the exact same shapes and number as the Olympic emblem.
    It signifies that we are all equal. Regardless of the ability, we can overcome barriers and connect
    with each other.

    東京パスポート学院では、英会話を通して多様性を認め合うこと、違いに対して受容の心を育むことが教育目標です。
    ですので、このコンセプトにとても共感しました。ぜひ、お友達にも教えてあげてください。

    ちなみにオリンピックは英語で”the Olympics”と複数形になり、”Olympic” は形容詞でOlympic Committee
    (オリンピック委員会)、Olympic records(オリンピック記録)のように使います。

    オリンピックのチケットは抽選に外れてしまいましたが、楽しみです♪


      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 13:47Comments(0)ひとり言