たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  立川市 立川市


2020年07月11日

多くの子どもが間違える「 b/d, p/q」 3つの覚え方!


多くの保護者の方々から、「うちの子は、まだb/d p/qを間違えるんです」とよくご相談を受けます。

これはひらがなでもよく起こり、例えば「は・け」の左右が逆になります。
英語の方が鏡文字がそっくりな形なので、認識するのにより時間がかかります。
英語が上級のクラスの小学生や、中学生の生徒さんでも読み間違えることがありますので、教えてすぐになおせるものではありません。

ぜひ、「まだ書けないの!いつまで間違えてるの!」とならずに、クラスでよく教える方法をご紹介いたしますので、お子様の覚えやすいものを使って楽しく覚えて頂ければと思います。

きっと保護者の方の優しい声かけで、より意識して、自然と間違いも減っていき、自信にもつながると思います。

① 文字と手の形を連想して覚える。
a b c d の順で言いながら、手を写真のようにすると、左手がb、右手がdと覚えられます。
o p q r も同様に、左手がp、右手がq になります。




② bed の形とスペルをイメージにして覚える。



③  大文字と小文字をセットで覚える。

「B b」は、Bのお父さんと子どものb が同じ方向に歩いていくイメージ
「D d」は、Dのお父さんと子どものdが向かい合って座っているイメージ


もしくはBの大文字から、上のお山をひとつ消す。



このように教えても、それからも何度か間違えます。 
その時は、間違った文を楽しみましょう。

"Can beer swim?" bがdになると、deer が beerになってしまいます。
dadは、badになったり、間違えた文章を楽しみながら、自分で気づき直せるようになるのを、気長にサポートしたいものです。





  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 11:01Comments(0)英語教育

    2020年07月03日

    小学生からの英検 オンライン/対面 募集中

    立川駅近くの「東京パスポート学院」では英検の夏期短期講座の生徒を募集しております。
    各級、オンラインレッスン、対面レッスンに対応しております。

    【対象】 小学生から大人の方 *各級により異なります。
     ↓ は小学生への4級対策のオンラインレッスンの様子です。



    【英検講座】
    グループ講座:入会金が0円 講座料金は各級により異なりますので、詳しくは↓のサイトをご覧ください。
    プライベートレッスン: 7月末までのお申込みで入会金が半額! 通常10,000円→5,000円
    http://www.gakuin.co.jp/eiken.html

    その他、英会話クラス(幼児、小学生、中高生、大人)、英検、TOEIC資格対策、シニアクラス、旅行英会話など豊富なコースや英語日記添削サービスがございます。

    ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

    東京パスポート学院
    立川駅北口から徒歩4分

    #立川市 #Zoomレッスン #英検講座 #英会話スクール #英語日記添削
      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 13:42Comments(0)スクール・レッスンについて

    2020年06月17日

    おかげさまで22周年! 22周年キャンペーン実施中!



    おかげさまで立川でオープンして22周年を迎えることができました。

    22周年を記念して、7月31日(金)までキャンペーン実施中✨

    ◇キャンペーン内容
    入会金半額 入会金10,000円→5,000円 

    ◇対象クラス
    【英会話クラス 全て対象】
    ★ 2歳~年少児の親子クラス、年長までの幼児クラス
    ★ 小学生、中高生クラス
    ★帰国子女クラス、留学前コース
    ★中学英文法クラス
    ★大人クラス(日常英会話、旅行英会話、グループ・プライベート)

    【資格クラス】
    ★TOEIC

    ※各コースのご案内↓
    http://www.gakuin.co.jp/english_top.htm

    *キャンペーン期間中に体験レッスンを受けてから1週間以内のお申込に限ります。
    無料体験随時受付しております♬
    *現在、夏の英検講座も募集中です。こちらの講座は入会金が不要のコースです!

    ぜひ、この機会にお気軽にお問い合わせください


    東京パスポート学院
    042-540-0109  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 17:13Comments(0)スクール・レッスンについて

    2020年06月03日

    Every cloud has a silver lining. 悪いことの後には良いことがある



    ようやく緊急事態宣言が解除されました。やりたいことができず、ストレスの多い日々を過ごされていらっしゃったことと思います。当校では臨時休校中に#When this is all overの願いを皆様から募集させていただいたところ、「学校に行って友達に会いたい」「友達と食事をしたい」が多く、その他「修学旅行に行きたい」「祖父母に会いに行きたい」や、ディズニーランド、山、動物園、カラオケ、釣りなどなど…たくさんの【願い】をお寄せ頂きました。私たち講師の願いも「生徒さんと会ってレッスンをしたり、おしゃべりをしたりしたい」「サマースクールを実施したい」等、普段当たり前に行ってきたことばかりで、今までの日々が本当に幸せな日々だったと実感しております。

    これからも直ぐには元の生活に戻ることはできませんが、少しでも皆様の願いが叶うこと、また安心して生活できる日々が戻ることを祈っております。また、ある生徒様から当校の再開を願いとして届けて頂きました。このような励ましのお声やオンラインレッスンでお元気そうなお顔を拝見できるのが、私たちの支えでした。改めまして休校期間中に頂きました多くのご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

    世界中の人々にとって、とても厳しい時期が続いていますが、“Every cloud has a silver lining.” (直訳は「どんな雲でも銀色の裏地がある」 →悪いことの後には光が差し、良いことがある。)という英語のことわざがあります。これからも不安な生活が続くでしょうが、前向きな気持ちを持ち続けるためには、この”silver lining”(良い面)を見つけることが大切です。現在のように辛く難しい状況下であればあるほど大事なことだと思います。世界では”silver lining”を見つけるニュースが流れていました。コロナの感染拡大を阻止するために、長く続くイエメンの内戦が停戦となったことや、様々な活動や移動が減ったことで大気汚染と気候変動が改善されたことなどが挙げられていました。

    当校では、「オンラインレッスンへ移行することができたこと」が一つの”silver lining”でした。生徒の方々と繋がり続けられることで、私たち自身が前向きになれました。また、特に学校生活もできずお友達と会えない子ども達は当校のオンラインレッスン上ですが、クラスメートたちに会えて話ができたことがとてもうれしそうで、些細な会話や笑顔を見て、私達も元気が出ました。

    このような状況とならなければ、オンラインレッスンを行うことはなかったと思いますが、良い面にも気づくことができました。これも皆さまのご協力があってこそ実施することができました。中にはパソコンやipadをオンラインレッスンのために購入してご準備頂いたご家庭もあり、本当にありがとうございました。

    皆様もご自身の”silver lining”を見つけられ、お元気に過ごされることを願っています。
                                                        
      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 10:49Comments(0)ひとり言

    2020年05月13日

    オンラインレッスン スタート!



    今月より、大人クラスだけでなく、小学生クラスもオンラインレッスンがスタートしました!
    オンライン上だけれど、久々に生徒さんに会えて、とてもうれしかったです。

    学校がなくなってからの生活状況についての話しでは、
    "I get up at 10 o'clock!"
    "I get up at 11 o'clock!"
    "I go to bed at 12 o'clock!"
    と遅い人がカッコいいというような会話で楽しみ、みんなの笑顔が見れて良かったです。
    みんなダラダラした生活を話したり、どんなゲームを持っているか、家に卓球台がある家や、お互いの家のことも知ることもできました。

    また、オンライン上でも、クラスメートに会えたことがうれしい様子で、オンラインの環境を整えて頂き、そばでサポートして頂き、保護者の方々に心から感謝しております。
    オンラインレッスンに対応するため、「パソコン買ってきます!」とおっしゃって頂いた方が数名いらっしゃって、涙が出ました。
    このような状況下、レッスンができること本当に幸せだと思います。

    また、すべてのレッスンが親子参観のようになっていて、ご両親の方々の前で英語を話すことに恥ずかしそうにするお子さんもいらっしゃいますが、クラスでの様子を見て頂けるのはうれしいことです。

    またオンラインレッスンは環境が整わずにしばらくお会いできない生徒の皆様には本当に申し訳ございませんが、1日も早くお会いできる日を楽しみにしています。


      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 11:54Comments(0)スクール・レッスンについて

    2020年05月07日

    Zoomを使ったオンラインレッスン 無料体験募集中!




    4月6日より休校させて頂き、本日からの再開を楽しみにしておりましたが、緊急事態宣言の延長を受けて、全てのコースを5月31日までオンラインレッスンにて実施することといたしました。
    また、無料体験も全コースオンラインレッスンにて対応しております。

    生徒さんがいらっしゃらない教室はとても寂しく、床に消しゴムのカスがないことにとても悲しくなりますが、オンラインでお会いできることをとてもうれしく思っております。

    ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

    英会話クラス(幼児、小学生、中高生、大人)、英検、TOEIC資格対策、シニアクラス

    #立川市 #Zoomレッスン  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 12:20Comments(0)スクール・レッスンについて

    2020年03月28日

    せやろがいおじさんファンです♥

    政治問題や社会問題をyoutubeで笑いを通して伝える「せやろがいおじさん」
    せやろがいおじさんの動画はとても面白く、またいいポイントをついていて、私は大ファンです。

    一緒に働くネイティブ講師たちにも内容を英訳にして、勧めたくらいですface01
    残念ながら、せやろがいおじさん独特の話し方が伝わらないので、日本語の動画ほどの楽しさは分かってもらえませんでしたが、内容には興味を持っていました。
    せやろがいおじさんのおかげで、政治に無関心だった若い方も、政治に興味を持った人は多くいるんだろうと思います。
    森友問題、新型コロナについて、桜を見る会など、様々なテーマについて話をされていますが、ネイティブ講師にはオリンピックが関心が高いと思い、「暑さ対策」を英訳しました。

    オリンピックは延期が決定しました、もし来年夏に行うとなれば、やはり「暑さ対策」は必須です。
    せやろがいおじさんの動画とぜひご一緒にご覧ください。


    https://www.youtube.com/watch?v=vUQIGW7YKEw&t=12s

    “Hilarious heatstroke prevention measures for the Tokyo Olympics” 東京五輪「面白すぎ熱中症対策」

    Oi, listen!
    Are we ready for the anti-heat measures for the Tokyo Olympics?
    Now it’s less than 1 year
    until the Tokyo Olympics.
    While the dress rehearsals were held,
    there are athletes who have become sick
    due to summer heat.
    People in and outside Japan are concerned about heatstroke.
    In fact, I checked what conditions are necessary for heatstroke to occur.
    According to the WBGT (Wet Bulb Globe Temperature) which is used to estimate heat stress, intense exercising must be stopped at temperatures above 31℃ and humidity above 71%. These are red alert levels and heatstroke could happen while doing any daily life activities.
    The average temperature and humidity were 32.8 ℃ and 80% in Tokyo in August 2019.
    That’s way above the red alert level.
    There will be 11 thousand athletes, 100 thousand volunteers and 10 million visitors.
    It’s crazy if you think people won’t get heatstroke.
    If people get heatstroke and pass(gori) away(nju) at the Olympics(gorin), it’s not funny at all!
    So, the anti-heat measures are a must.

    Then, Mr. Yoshiro Mori, the head of the Tokyo Olympics said that it’s an opportunity for Japan to send our innovations out to the world.
    He got enthusiastic about proposing new anti-heat measures and showing off Japan’s high technology.
    I was really excited to see what kinds of measures he would take;
    One of them was “We will line the streets with morning glory flowers.”
    Is he kidding? “The temperature wouldn’t change, but visually it would be cooler.”
    No, we don’t need morning-glory flowers! No way! Not visually, it has to be physical!
    While the committee is having a meeting, their air conditioners will be taken and be told, “Here, morning glory, isn’t it cooler?”, they would go ballistic!
    The athletes are coming to compete at the highest level. They do not have time to look at the morning glory and say “Oh, dear. Pretty morning glory. I feel cool.”
    They are not madams who enjoy walking.
    OK. I will meet them half way, but what are they going to do in the afternoon? The morning glory would wilt.
    In that case, why don’t they innovate by making a new type of flower called “morning daytime night glory”, flowering all day by using Japanese technology.

    Of course, there are lots of ideas like providing snow with artificial snow making machines, or using air conditioners to make the temperature freezing cold and opening the doors...
    Is it an improv comedy show(大喜利大会)?
    First of all, when Japan entered the bid for the Olympics, Japan had said that Japan has a mild climate so the athletes can have their best performance, The truth is the heat is at disaster level. Why did they lie about such a thing? Like when they said that they could control nuclear power plants, but actually they couldn’t. Having said that it would be a small Olympics with a budget of 700 billion yen, now it’s an extra-large Olympics with a 3 trillion yen budget.
    If there is a Men’s Bigmouth Freestyle Competition, the champion will definitely be Japan! I think someone might say, “If you say so much nonsense, give an alternative plan?” I can definitely give you a good idea.
    Do it in autumn. There will be another risk that can be avoided. Typhoons!
    Like how the typhoon this year paralyzed city functions, if that happens during 2020, 10 million visitors would panic. An Olympic crisis will happen. Of course, I understand the Olympics has to be in summer because of the schedule of US broadcasters that pay lots of money for the right to broadcast. But didn’t they say this “Athletes first!” If they give broadcasters the priority, then it’s really “Money first!” They shouldn’t act counter to the spirit of “Athletes first”. If Japan could change the time of the year, isn’t that a real innovation for the Olympics?

      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 12:55Comments(0)ひとり言

    2020年03月13日

    ネイティブと会話を楽しむLet's Talkクラス 来週のトピック




    外国人が日本で驚くこと①「電車に一人で乗る小学生」
    アメリカなどでは考えられないそうで、ニュージーランドでも14歳以下が一人で留守番するというのは違法でした。
    日本は鍵っ子が多いですよね。

    外国人が日本で驚くこと②「電車で寝る人の多さと、下車駅で起きられること」。 (電車ネタばかりですみません。)

    その他、電車では乗客が静かな事、電車が時間通りに来ること、込み合う駅では駅員さんが乗客を押すことがある等、驚くことが多いそうです。

    東京パスポート学院のその日のテーマで会話を楽しむ"Let’s Talk!クラス"の来週のトピックは“Customer Service“。
    国によってカスタマーサービスは随分違いますよね。海外旅行で経験したことや、ネイティブ講師が日本で驚いたことなど英語で話しませんか?
    3月16日(月)14時半~、19日(木)19時半~。 “Let’s Talk!”クラスは参加したい時に参加できる回数券コース。
    当日予約OK!

    初回お試しレッスン料2000円。お気軽にご参加ください 
    (2回目以降は2500円)。
    ご予約:042-540-0109 平日12:45~20:45 土曜 9:45~17:45

    東京パスポート学院  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 14:23Comments(0)スクール・レッスンについて

    2020年02月20日

    英語になった日本語クイズ



    Boxer, golfer, swimmer のように、柔道家や空手家は “– er”をつけても正しい英語にはならないですよね。
    “I do Judo/ Karate.” (柔道/空手をやっています) で伝わりますが、「柔道家/空手家」と言いたい時は?

    柔道や空手を知っている人はそのまま“Judoka, Karateka”で通じます。
    ただ知らない人には通じないので “Judo / Karate athletes” で大丈夫です。
    *athlete スポーツ選手、競技者  (サッカーや野球の選手の場合はplayer)
    「武道家」:”martial artist”。

    いざ、日本のものだと英語が出てきませんが、日本語で通じるものも多いです。

    英語になった日本語で有名なものは、豆腐”Tofu”、寿司”Sushi”、カラオケ”Karaoke”、柔道”Judo”、盆栽”Bonsai”等がありますが、オックスフォードの辞書には次々と日本の言葉が英語として追加されていっています。



    Q. 次のうちで英語として辞書に載っていないものはどれでしょう?
    答えは下にあります。


    (1) 引きこもり

    (2) 過労死

    (3) 残業

    (4) オタク

    (5) 俳句


    *オックスフォードの学習者用辞書(Oxford Learner’s Dictionary)ではなく、Oxford Dictionaryに掲載されているものです。https://en.oxforddictionaries.com/ (英語学習にお勧めの無料のサイトです。)


    答え (3) 残業 
    「残業」は、英語として掲載されていず、 英語はOvertimeです。 *I work overtime. 残業をする。


    辞書の説明では、

    (1) Hikikomori = the abnormal avoidance of social contact, typically by adolescent males./ A person who avoids social contact. (思春期の男性に多く、社会的接触を異常に避けること、または社会的接触を避ける人)


    (2) Karoshi=death caused by overwork or job-related exhaustion (働きすぎや仕事による疲労により死亡すること) ‘karoshi victims’ (過労死の被害者)


    (4) Otaku=a young person who is obsessed with computers or particular aspects of popular culture to the detriment of their social skills. (社交性に欠けるほど、コンピュータや大衆文化の何か特定のことに夢中になっている若い人)



    (5) Haiku = A Japanese poem of seventeen syllables, in three lines of five, seven, and five. (日本の7つの音節から成る、5,7,5の3行の詩)
    *英語では文字数でなく、音節で作ります。  


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 15:20Comments(0)英語表現

    2020年02月19日

    Self-efficacy(自己効力感)とは?



    先日、当校で使用しているテキストのNational Geographic Learningのワークショップに参加しました。その中で、Self-efficacy(自己効力感)という言葉を聞きました。あまり聞きなれない言葉なので調べると、カナダ人心理学者Albert Bandura(アルバート・バンデューラ)によって提唱された概念でした。
    ”self-confidence(自信)と似ていますが、「自信」は漠然と自分自身や才能を信じる、ということに対し、「自己効力感」は、より明確に「自分にはゴールを達成できる力があると信じて取り組める力」と定義されています。

    様々な研究で自己効力感と学習の成果に大きな関連が見られています。少し難しいことがあるとすぐに諦めてしまう子とチャレンジしようとする子の違いがこの自己効力感にあります。そして自己効力感が高い人は、高度な教育や、幅広い分野から職を選択しようとする等、将来的にも大きな影響を与えると言われています。

    自己効力感を高める要素
    ①自らの成功体験
    ②他の人の成功体験から自分もできると感じる事
    ③周りから認められること 
    ④心の状態 (前向きな気持ち)
    blue_down

    【起こりうる成果】
    忍耐力(簡単に諦めない)
    目標を達成する力
    逃げないで挑戦する


    そのため、
    ①成功体験ができるよう、一つ一つの練習に達成感を積み重ねられるようにしていく。
    ②自信のあるクラスメートにやってみせてもらい他のクラスメートもできると感じられる良い影響を与える。
    ③講師だけでなく保護者の方にも子ども達の様子を伝える。
    ④間違えても良いという安心できるクラス環境を作る。
    ということをより意識しようと思いました。

    スクールでは小学生、中高生の生徒の様子をビデオ撮影し保護者の方へ送っていますが、スピーチを終えた後の子ども達の自信と安堵に満ちた表情が素敵です。きっと保護者の方からも褒められ、自信につながっていくことと思います。

    クイズ
    カンザス州で行われた研究です。バスケのチームが大きな成長を見せた方法は以下のどちらでしょうか。

    1.ビデオで失敗した部分を見て、どうすれば良かったかを反省する。
    2.成功した部分だけを見せて褒める。

    正解は「2」で良かったプレーだけを見たチームが大きく成長しました(TEDTalks; The skill of self-confidence)。 英語教育も同じだと思います。「発音が違う」、「間違ってる!」等と言われ続けると、「自分の英語は通じない」と不安で話せなくなりますよね。間違いは習得する過程に欠かせません。自分の子どもには厳しくなりがちですが、ぜひ良い部分を認め、褒めて、伸ばしていけるよう声がけをして頂ければと思います。

    ある子どもが帰る前に講師に”No umbrella”と言いました。雨の日に傘を持ってこなかったと思った講師は”Oh, no! It’s raining. I’m sorry.”(雨降ってて、残念ね)と言うと、”No, No, my umbrella, here. No umbrella!”と言いました。この子は、自分が持ってきた傘がここでなくなったと言いたかったことに講師も気づきました。躊躇わず自分の英語できちんと伝えていた姿をみて、自信を持つことの大切さを感じました。
      


  • Posted by 英会話 東京パスポート学院  at 17:24Comments(0)英語教育